BIGs’s blog

海外生活体験を語るブログ

変化

こうして四年間の海外生活は終わった。思い返してみると、本当に行き当たりばったりで計画性が全くなかった。その時その時にしたいこと、思いついたことを始めて、暮らしていた。落ち込むことがあって反省しても完璧に改善できたわけでもなかった。でも、一つだけ言えるのは後悔がないということ。最終的に自分で決めてきたことだから、後悔のしようがない。言い訳はできない。そして、こんな私でも仕事で必要としてくれる人がいたり、一緒に仕事をしたいと思ってくれる人がいた。そうやって自分の存在を意味のあるものとして感じさせてくれた四年間は、とてもかけがえのない大切な時間だった。私にしかできない体験をできたから、こうやって自分の人生を生きていると胸を張って言える。ハプニングが、たくさんあったから、多少のことでは驚かなくなったし、精神的に強くもなった。そして、道端に咲いている花を見て、立ち止まってキレイと思える心を持ったこと、今まで当たり前だと思っていたことが必ずしもそうではないと知ったこと、感謝の気持ちを常に持つこと、つらいとか大変なことに遭遇しても、とにかく行動して上がるしかないと前向きに考えられるようになったこと、自分と出会う人は出会うべくして出会った、何かしらの意味があるのだと思うこと、自分が行動したことには一つの無駄もないと思えること、異なる価値観を認めること、人は一人では生きてはいけない、たくさんの人との交流や支えがあって生活できていること。全てが海外生活を経て、考え方が変わったところ。以前は自分が選挙に行って一票を投じたところで何も変わらないと思っていたけれど、今は違う。一票を投じることで、もしかしたら変わるかもしれない。変わらなくても、自分に意見を持ったこと、参加したことに意味があるんだと、考えたことに意味があるんだと考えられるようになった。だから、それだけでもう、この旅は貴重な経験ができた、宝物の時間だと思っている。

雨宿りをしていた私に、英語が全く話せないのに傘を差し出してくれた外国のおばちゃんや今日一日はどうだった?とレジの店員に聞かれた時に、今日はツイてなかったと話すと、商品を少しディスカウントしてくれたり、見ず知らずの人にされた優しさも、たくさん味わった。それはきっと、その時、その場所にいたから味わえたこと。その時の私に必要な出来事だったと思っている。

たくさんの人と出会ってきた。外国人に限らず、日本人でも、多分、日本にいたら会わなかっただろう人たちと出会えた。国際結婚をして外国に移住した人、外国で店の経営を始めた人、日本にいた時は死にたいくらい、つらい時期を過ごしていたのに、外国へ来て人生が変わったと言っていた人。いろんな人の人生も知ることができて、勉強になった。自分の人生を自分で決めているという意思が感じられて刺激もされた。

何事も行動なくして変化はない。たまに人に相談されることがある。したいことがあるのに実行するか悩んでいる。失敗したら嫌だしって。そんな時に私はこう言う。何か行動したらいいんじゃないかと。そうすれば具体的な答えが出るからって。行動して失敗したとしても、それでまた新たな考えが出てくる。これでよかったとか、よくなかったとか具体的な答えが出る。だから、行動することが大事だと。自分で決断したことについては、言い訳はできないし、本当に後悔がないと思う。将来のことなんて誰にも分からないんだから、その時に判断したことを信じるしかない。私の場合は、もっと計画性は必要だったと思うけれど、そんなことも学んだ。

もし、今現在の生活に満足していないなら何かしら行動を起こさなければ変わらないし、海外に興味があるなら行ってみるべきだと思う。してみたいことがあるなら、それに向けて行動しないと、きっと後悔する。人生は思いどおりにいかないことの方が多いと思う。でも、少しでも良い人生にするために行動をしていれば良い事が巡ってくるし、自分の人生を好きになれる。それも海外生活を通して感じたこと。こういう考え方ができるようになったことが今の笑顔に反映されているのかもしれない。

最後にもう一つ。いろんな場所へ行って、いろんな景色を見たことも心を豊かな気持ちにさせてくれた。これまで紹介した以外に、韓国、台湾、カンボジアインドネシア(バリ島)、アメリカ(ボストン、ニューヨーク、ラスベガス、マイアミ、セドナ)、カナダ(バンフ、ケベックモントリオール)、オーストラリア(ケアンズ)に行った。本当にいろんな世界を実際に見ることで、こんな景色があったんだと驚き、心を動かされる。そんな経験は実際に行ってみないと分からないし、写真で見るのとは比べものにならない。景色だけじゃなくても、外国に行くことで国の文化や人に触れて価値観を広げることもできる。   

オーストラリアでは、バスを降りる時に、「サンキュー。」と言ってドライバーさんに感謝の気持ちを表す。そういう習慣はカナダにはないけれど、電車やバスなどでお年寄りなどに席を譲る光景は、よく見かけた。カナダでは学校を卒業するのに必ずボランティア活動をするので、そういう精神が根づいているようだった。そんなことも実際にその国で過ごしてみないと感じられないことだった。実際に行って、その国の文化に触れることで、いろんな感情や思考になることは単純に楽しい。感じることも人それぞれだ。シドニーに行く前に、シドニーは差別が多いという噂を聞いていた。でも実際に生活してみて、そんなことを感じたことはなかった。嫌な態度の人は、いたこともあるけれど、それを差別と感じるわけではなかった。優しくしてくれる人は、たくさんいたし、日本人がどうだとかで嫌な言い方をする人はいなかった。むしろ日本人は勤勉だとか、いいイメージを持ってくれている人や、日本が好きで日本について、すごく詳しく知っている人に出会ったりした。だから結局、自分の目で見て、自分の耳で聞いて感じたことが自分の中の真実であって、人の話を鵜呑みにすることはなくなったし、自分が、どう感じるかを大切にするようになった。

私は賢く生きられないから遠回りしてばかりだけれど、今でもお店を持つという夢は持っているし、新たに翻訳を仕事にするという夢も生まれた。これも海外での生活で、英語に触れたからこそだし、全ては行動したことから生まれたこと。今はその夢を実現するために翻訳学校の講座を受けている。時間はかかるかもしれないけれど、夢のために少しでも具体的な行動をすることが必要だと思っているから、それを続けていこうと思う。いつも笑顔を忘れずに。

 

変化

こうして四年間の海外生活は終わった。思い返してみると、本当に行き当たりばったりで計画性が全くなかった。その時その時にしたいこと、思いついたことを始めて、暮らしていた。落ち込むことがあって反省しても完璧に改善できたわけでもなかった。でも、一つだけ言えるのは後悔がないということ。最終的に自分で決めてきたことだから、後悔のしようがない。言い訳はできない。そして、こんな私でも仕事で必要としてくれる人がいたり、一緒に仕事をしたいと思ってくれる人がいた。そうやって自分の存在を意味のあるものとして感じさせてくれた四年間は、とてもかけがえのない大切な時間だった。私にしかできない体験をできたから、こうやって自分の人生を生きていると胸を張って言える。ハプニングが、たくさんあったから、多少のことでは驚かなくなったし、精神的に強くもなった。そして、道端に咲いている花を見て、立ち止まってキレイと思える心を持ったこと、今まで当たり前だと思っていたことが必ずしもそうではないと知ったこと、感謝の気持ちを常に持つこと、つらいとか大変なことに遭遇しても、とにかく行動して上がるしかないと前向きに考えられるようになったこと、自分と出会う人は出会うべくして出会った、何かしらの意味があるのだと思うこと、自分が行動したことには一つの無駄もないと思えること、異なる価値観を認めること、人は一人では生きてはいけない、たくさんの人との交流や支えがあって生活できていること。全てが海外生活を経て、考え方が変わったところ。以前は自分が選挙に行って一票を投じたところで何も変わらないと思っていたけれど、今は違う。一票を投じることで、もしかしたら変わるかもしれない。変わらなくても、自分に意見を持ったこと、参加したことに意味があるんだと、考えたことに意味があるんだと考えられるようになった。だから、それだけでもう、この旅は貴重な経験ができた、宝物の時間だと思っている。

雨宿りをしていた私に、英語が全く話せないのに傘を差し出してくれた外国のおばちゃんや今日一日はどうだった?とレジの店員に聞かれた時に、今日はツイてなかったと話すと、商品を少しディスカウントしてくれたり、見ず知らずの人にされた優しさも、たくさん味わった。それはきっと、その時、その場所にいたから味わえたこと。その時の私に必要な出来事だったと思っている。

たくさんの人と出会ってきた。外国人に限らず、日本人でも、多分、日本にいたら会わなかっただろう人たちと出会えた。国際結婚をして外国に移住した人、外国で店の経営を始めた人、日本にいた時は死にたいくらい、つらい時期を過ごしていたのに、外国へ来て人生が変わったと言っていた人。いろんな人の人生も知ることができて、勉強になった。自分の人生を自分で決めているという意思が感じられて刺激もされた。

何事も行動なくして変化はない。たまに人に相談されることがある。したいことがあるのに実行するか悩んでいる。失敗したら嫌だしって。そんな時に私はこう言う。何か行動したらいいんじゃないかと。そうすれば具体的な答えが出るからって。行動して失敗したとしても、それでまた新たな考えが出てくる。これでよかったとか、よくなかったとか具体的な答えが出る。だから、行動することが大事だと。自分で決断したことについては、言い訳はできないし、本当に後悔がないと思う。将来のことなんて誰にも分からないんだから、その時に判断したことを信じるしかない。私の場合は、もっと計画性は必要だったと思うけれど、そんなことも学んだ。

もし、今現在の生活に満足していないなら何かしら行動を起こさなければ変わらないし、海外に興味があるなら行ってみるべきだと思う。してみたいことがあるなら、それに向けて行動しないと、きっと後悔する。人生は思いどおりにいかないことの方が多いと思う。でも、少しでも良い人生にするために行動をしていれば良い事が巡ってくるし、自分の人生を好きになれる。それも海外生活を通して感じたこと。こういう考え方ができるようになったことが今の笑顔に反映されているのかもしれない。

最後にもう一つ。いろんな場所へ行って、いろんな景色を見たことも心を豊かな気持ちにさせてくれた。これまで紹介した以外に、韓国、台湾、カンボジアインドネシア(バリ島)、アメリカ(ボストン、ニューヨーク、ラスベガス、マイアミ、セドナ)、カナダ(バンフ、ケベックモントリオール)、オーストラリア(ケアンズ)に行った。本当にいろんな世界を実際に見ることで、こんな景色があったんだと驚き、心を動かされる。そんな経験は実際に行ってみないと分からないし、写真で見るのとは比べものにならない。景色だけじゃなくても、外国に行くことで国の文化や人に触れて価値観を広げることもできる。   

オーストラリアでは、バスを降りる時に、「サンキュー。」と言ってドライバーさんに感謝の気持ちを表す。そういう習慣はカナダにはないけれど、電車やバスなどでお年寄りなどに席を譲る光景は、よく見かけた。カナダでは学校を卒業するのに必ずボランティア活動をするので、そういう精神が根づいているようだった。そんなことも実際にその国で過ごしてみないと感じられないことだった。実際に行って、その国の文化に触れることで、いろんな感情や思考になることは単純に楽しい。感じることも人それぞれだ。シドニーに行く前に、シドニーは差別が多いという噂を聞いていた。でも実際に生活してみて、そんなことを感じたことはなかった。嫌な態度の人は、いたこともあるけれど、それを差別と感じるわけではなかった。優しくしてくれる人は、たくさんいたし、日本人がどうだとかで嫌な言い方をする人はいなかった。むしろ日本人は勤勉だとか、いいイメージを持ってくれている人や、日本が好きで日本について、すごく詳しく知っている人に出会ったりした。だから結局、自分の目で見て、自分の耳で聞いて感じたことが自分の中の真実であって、人の話を鵜呑みにすることはなくなったし、自分が、どう感じるかを大切にするようになった。

私は賢く生きられないから遠回りしてばかりだけれど、今でもお店を持つという夢は持っているし、新たに翻訳を仕事にするという夢も生まれた。これも海外での生活で、英語に触れたからこそだし、全ては行動したことから生まれたこと。今はその夢を実現するために翻訳学校の講座を受けている。時間はかかるかもしれないけれど、夢のために少しでも具体的な行動をすることが必要だと思っているから、それを続けていこうと思う。いつも笑顔を忘れずに。

 

リベンジなるか

 カナダに入国してから約一年が経ち、6月になると映画祭のボランティアの募集期間が始まった。まずは前回と同じく書類を送って結果を待った。これはパスした。問題は説明会兼面接会。前回、聞かれた質問に関しては答えられるように、その他にも想定される質問に関して考えてみた。そして当日。今回も説明会後に面接の時間に入った。イスが並べられ、面接が始まるとすぐに呼ばれた。去年より幾分か緊張はしなかったし、しっかりと話せたと思う。それでも自信たっぷりではなかった。

 後日、結果が来た。合格。やったー!これでボランティアができる。合格するか分からなかったけれども、ワーキングホリデービザの期限が切れたあとも滞在することにして、結果ボランティアができることになって本当によかった。

 9月になり、映画祭の期間に突入した。仕事内容はインフォメーションセンター内で案内や映画館内での客数カウント、チケットもぎりなどである。すごく難しい仕事ってわけでもないけれども国際的な行事の一員としてお手伝いできたことに喜びを感じていた。前年までは映画祭が終わったあとにボランティアの人たちで打ち上げパーティーをしていたけれど、今回は観客賞に選ばれた映画をみんなで観ることが打ち上げの代わりだった。全員に飲み物とポップコーンが配られ、映画を観た。その時の観客賞は「ラ・ラ・ランド」これも私にとって思い出深い映画の一つになった。

働くということ

 私は前年の7月9日にカナダに入国したのでワーキングホリデービザ(働けるビザ)の期限が切れるのが、その年の7月8日だった。だから、そのギリギリまで仕事をさせてもらった。元々は期限が切れる前に日本に帰るつもりだったけれども、前年に面接で落ちたトロント国際映画祭のボランティアをすることになるかもしれないので、観光ビザを取得して生活をしていた。この期間が約二カ月半。旅行をしたり、学校に通ったり、ボランティアをしたり(ボランティアは無給なので観光ビザでもできる)、家の管理をオーナーから任されていたので、入居者募集から内見の案内、入居が決まれば金銭のやりとりなどもした。こうやって書いていると、それなりにやることがあるのかと思うけれど、一日がとても長く感じられた。旅行してお金は使っているのに、有給の仕事をしていないので収入はない。だから遊びに出かけたり、買い物をしたりは控えていた。ほとんど家で自炊して、読書をして…という生活を続けていたけれども、時間がありすぎた。

 やっぱり人生を充実させるにはフルタイムの仕事が必要だと思った。誰かから聞いたことがある。仕事は最大の時間つぶしだと。時間つぶしとは少し言葉が悪いけれども、仕事をしていないと時間が過ぎるのがとても遅く感じられるし、することもなくなってくる。仕事があるから休みの日を充実させることができるのだと感じた。この時は、どうしても映画祭のボランティアをしてから日本に帰りたいという気持ちが強かったから、観光ビザで、仕事もせずに過ごしたけれども、日本に帰ってからは働き続けようと誓った。仕事ができるのは幸せなこと。そんなことも教えてくれた2カ月半の生活だった。

外国で過ごすということ

 トロント市内で行われる音楽イベントに出演するため、日本から来たバンドのインタビューもさせてもらったこともあった。イベントの前にインタビューを行った。前もって考えてきた質問をして話を進めていった。その中で印象に残っている回答があった。その人は当時まだ二十歳の男の子だった。現在トロントで暮らしている日本人に向けてのメッセージをお願いしたところ、こう話し始めた。「トロントに来てから自分のこと、将来のことなどについて考える時間ができました。ここに住んでいる人は、そういうことを考えられる良い機会を与えられていると思います。だから、その時間を大切にして過ごしていってください。」

 同感した。日本にいた頃は自分の将来についてとか、じっくり考える時間なんてなかった(それは自分がそういう時間を作ろうとしなかったせいでもあるけれど)。でもカナダに限らず他の国でも、仕事中心の生活をしつつも、自分のことについて考える時間は、たっぷりあった。だから次は、こうしよう、あれをしたいと行動することができていたと思う。日本ではしてこなかったことができる何かが外国にはあるのかなと感じた。だから、彼の言っていることは、すごく理解できた。若くして、こういう考えを持っていることにも感動した。こんな話が聞けたことも、この仕事に携わらせてもらったからこそ

それはズルい

 市内で経営しているレストランの記念パーティーでの取材もさせてもらった。オーナーと話をしていた時に、「何か夢は持っているの?」と尋ねられた。「あるけど言いたくないです。」と答えると、彼は「それはズルい。」と言った。「俺はトロントで店を開くといろんな人に言ったんだ。後に引けないようにして、自分にプレッシャーをかけた。言わないってことは、もしできなかった時の保険をかけているってことだから、それはズルいよ。」と。全くそのとおりだと思った。多分、その時期にしていることが夢につながることではないから自信を持って言えなかったのだと思う。でも、この言葉があったから、夢を実現させるためのことを始めなきゃいけないと思い、学校に通うことにしたんだっけ。だから、これも大事な出会いだった。

ボランティア活動

 仕事をしながらも、またボランティア活動も始めた。今回はフリーペーパーの編集の仕事。市内で配られている日本人向けの月刊情報誌で、毎月のテーマごとに情報収集をするのが主な仕事内容。初めてのテーマは、お隣ニューヨークだった。編集長にニューヨークにある日本食レストランについての情報収集を頼まれた。早速、ニューヨークにある人気の日本食レストランをインターネットで調べてピックアップし、それぞれにメールでコンタクトを取った。店を雑誌に掲載することの了承を得て、お薦めのメニューの写真を送ってもらったり、簡単な質問に答えてもらったりした。日本人経営のところが多かったので返信率もよく、雑誌に載せてくれるのなら喜んでと、かなり多くのお店が集まった。

 月1回の情報収集も簡単なものだけではなかった。例えばトロント市内にあるゲテモノ。調べてほしいということで、インターネットで調べてみたけれども、あまりインパクトのあるものがなかった。市内を歩いて探してみるけど、それでも、なかなかない。すると、その時たまたま街中であった仕事仲間に話したら、ひよこが孵化する直前の卵が食べられる店があると教えてもらって掲載できた時があった。取材対象の場所が郊外の場合は、どうしてもメールでのファーストコンタクトになるわけだけれども、それだと返してくれるところが少ない。電話をしても反応が良くなかったりする。最初のニューヨークのレストランを調べた時が順調すぎたために、余計大変に感じられた。